20歳以下であっても、急な出費でお金を借りたいと思う時があるでしょう。ただ実際は、20歳以下がお金を借りるのは正直に言って難しいです。どうしても未成年者の場合は、民法上での契約行為が認められていないので、多くの金融業者は融資を断るわけです。ただ、20歳以下であってもお金を借りることは決して不可能ではありません。
まず、近年は学生専用のキャッシングサービスも多く存在していますが、そちらは親の同意があれば20歳以下でもお金を借りることができる可能性が十分にあります。もっとも、キャッシングを利用することは親に知られたくない人がほとんどでしょうから、もし借りられたとしても少し厳しいかもしれません。
また、既婚者であればたとえ20歳以下でも民法上は成人となるので、ある程度の収入があれば融資をしてくれるところもあります。お金を借りる際には親の同意も不要なので、既婚者にとっては最も借りやすい方法かもしれません。
そして、クレジットカードでキャッシング枠を設定してもらえれば、そちらでお金を借りることも可能です。安定した収入があれば、未成年者でもキャッシング枠を認めてもらえるケースも少なくないので、検討してみるのもいいかもしれません。
ただ、どの方法であっても20歳以下である以上は、たとえお金を借りることができたとしても、限度額は低めに設定されるので、そこはしっかりと理解するようにしましょう。もっとも、未成年者ならそこまでまとまったお金は必要ないでしょうから、その点は問題ないはずです。
【最短即日】簡単にお金を借りる方法まとめ|今すぐお金を借りたい!はこちら

Tagged: Burleson